歳末商戦がにわかに熱を帯びてきた。

年の暮れと言えば、私はもっぱら年賀状。

メールが普及したいま、手書きで年賀状を送る人間は、ずいぶん減ったと思う。

けれど、私はもっぱら手書き派だ。

もうすこし言うと、メールで送る意味はないとすら考えている。

すなわち、年賀状のオルタナティブとしてメールは価値を持ち得ない、ということだ。

もちろん、私にとってだが。

これは、ほとんど礼儀の問題だと私は考えている。

つまり、手で文字を書くことは手間だし、贅沢だ。

けっして人間にとって優しくはない。

しかし、そこには、多少の犠牲を払ってでも相手に意思を伝えたい、という礼儀の精神が垣間見える。

これは美徳だと思う。

私にしては珍しく、そこが気に入って、だからいまでも手書きで書いているというわけだ。

文字を書くというのはほんとうに難しい。

年賀状だと、消しゴムを使うことは無理だから、一度清書をして、あるいは全体をまず想像してから慎重に書き始めなくてはならない。

自分が手で書いていると、相手から手書きの年賀状を貰えば、そんなことまで考えてしまう。

だから、届いた年賀状を手に取ると、思わず優しい気持ちになってしまう。

そこには、ただ嬉しいという気持ちがあるのみである。